知らないことだらけ

ゲームとゲーム音楽と雑記

雑記:レビューを書き続けるその理由(わけ)は

 こんな記事を読んだ。

jp.ign.com

プロのライターさんが書くレビューとそうでないユーザーレビューの違いがまとめてある。責任の重さの違いはあれど、妥当さや正しさは変わりゆくものなので求めるものではないと。”自分の正しさは他人にとっての正しさではないので注意が必要ですね。”という一節がまさにその通りだなぁと思う次第だった。

プロのレビューがそこにあるのはわかる、それはレビューを書くのが仕事だからだ。ではプロでもない自分がレビューを書くのはなぜだ、それを改めて自問自答してみたい。故に今回の記事は(これまでもそうであったけど)自分の為に書くことになる。

なぜレビューを書くのか。

それは書きたいから書くのだ。

当たり前のことだが、書きたくなかったら書かない。書くというのは感情の整理だと思う。自分がゲームや音楽と出会い、生まれた感情やその動き・変化を、文章として整理して残しておきたいから、レビューを書いていると思う。その時の感情を、自分の言葉で整理していると言い換えてもいい。

感情は、自分がその時感じているよりも、ナイーブで不定形なものだ。その感情をじっと見つめて、形を見定めてゆくことが大切なことだと思う。ただ、このようなことは別に自分の言葉でなくても出来てしまう。その時の流行りの言葉、手になじんだ皆が使う言葉で、十分感情に名付けをすることができる。整理整頓を手早くするのなら、これが手っ取り早い。「エモい」とか「ヤバい」で十分に片づけは捗ってゆく。

自分の言葉で書き残すのは、それとは違うのかもしれない。本棚に並ぶ本のように、感情を整頓して並べて保存したいという点はたしかにそうなんだけど、それは自分の言葉で表現するのとは少し違う。自分の言葉で書くことは、目の前に残った感情を自分でかみ砕いて、自分の一部にしてゆくことだ。作品からもらったエネルギーや知見、感動をじっと見つめ、食べて取り入れて自分の一部にしてゆく行為だ。生まれた感情を、得た知見を、かみ砕き、飲み込み、取り入れ、学んでゆく側面もある。

また文章に残すことで、自分が得た知見や感動を、他の誰かに伝えることができるかもしれない。その時得たものを、他の誰かにみてもらいたい。もっと言うならば、自分がしたこの幸せな体験を、面白い発見を、他の誰かにも共有したい。共有して、繋がった人と語り合いたい、自分と違う知見を見てみたい、知りたいという気持ちが強いと思う。自分が他の人のレビューを見て多くを学べるように、自分が書くレビューも誰かにとってそうありたいと願う気持ちがそこにあると思う。

自分が書き残した文章が、何より自分の為に、願わくば他の人の為に、なにか心に残れるようになりたくて文章を書いているのかもしれない。それはツイッターのような短文SNSだとできない。ツイッターはどうしてもその時の感情がそのまま流れてゆく。短い文章の中にギュっと言葉を込めることで、他人と繋がりやすいという面もあるが、その言葉はそのまま流れていってしまうことが多い。

言葉が流れてゆくのは、それはそれで気持ちよいのことだけれども、流れて消えてしまうことばかりだと、自分の言葉がすり減ってしまう。すり減ると、残す力が失われてゆく。何かに感動するには、その作品そのものの素晴らしさだけでは出来ないとつくづく思う。感動するには、その作品が描いている奥深くまで、自分が辿り着かないと気づくことができないとも思う。同じ作品を見て・遊んでいるはずなのに、見ているもの感じているものは人それぞれに異なる。それは細かい分析力だったり、これまでの経験の積み重ねから育んだ勘だったり、機微を感じる繊細さだったりするのかもしれない。自分の持つそれらをそれぞれ総動員して、そして初めて自分の掌に掬いきれた感動をひたすらに見つめてゆくことができる。

そこでにあるものを見つける為に、そこで見つけた感動をしっかり形にして残せるように、そしてその心に残ったことを胸に、また新しい感動を見つけられるように、他の人にも素敵な感動が届くように。自分が書かなきゃいけないと思ってしまうような、そんな大切なものと出会えるように。また繰り返しレビューを書くのだと思う。

誰に求められたわけでもない、自分で掘りたいと思った鉱山を掘っているだけだから。けれどもこの鉱山を掘りたいと言ったのは自分だから、その責任はしっかり自分に果たしてゆきたい。

レポ:第114回トライノートゼミ「最近のゲームを紹介する」

2020/3/6に開催された、トライノートさんのゼミ「最近のゲームを紹介する」にゲスト参加してきました。参加した皆でそれぞれおすすめゲームを紹介しながら、ゲーム中の曲を紹介しようというもの。以下に紹介されたゲームをまとめます。

 

セレステ

ec.nintendo.com

 

ドラえもん のび太牧場物語

bd.bn-ent.net

 

DAEMON X MACHINA

dxm.marv.jp

 

リングフィットアドベンチャー

www.nintendo.co.jp

 

ボムスリンガー

ec.nintendo.com

 

Touhou Luna Nights

store.steampowered.com

 

サマーポケッツ

key.visualarts.gr.jp

 

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

ace7.acecombat.jp

 

幻影異聞録♯FE Encore

www.nintendo.co.jp

 

東方スペルバブル

taito.co.jp

 

 ニンテンドースイッチPS4、Steamなど様々なプラットフォームでしたが、それぞれ実機でプレイしながらの紹介でした。大きなプロジェクタにゲーム画面を映して実際にプレイしている様子を見ながら紹介をしてもらえるのは、こういう集まりならではの楽しみ方だったと思いました。また、紹介したゲームのジャンルも多様で、幾つか気になるソフトにも出会えたので機会があればプレイしたいと思いました。

 

私は「リングフィットアドベンチャー」と「幻影異聞録♯FE Encore」を紹介させて頂きました。現地では「リングフィットアドベンチャー」を実際に身体を動かして紹介できて楽しかったです。

運動するのに精いっぱいだったため、当日伝えそびれた、RFAのオススメポイントをここで補足します。

・デスクワーカー、楽器演奏者、ライブに参戦するファンにおすすめ

楽しく全身のトレーニングができるRFAですが、ぜひオススメしたい人は上記の人たちです。肩こり・腰痛に悩まされがちなデスクワーカーに効果的なトレーニングが揃っている、体幹の強化で楽器演奏に必要な筋力が鍛えられる、ライブ(特にスタンディング)で声を上げたり腕を上げたり長時間立ちっぱなしになったりしても疲れない体力が手に入る。アスリートほどのがっちりした筋力まではいかないものの、人生を豊かにするだけの体力を手に入れるにはとてもいい運動だと思います。

・リングコンのグリップ、レッグバンドが洗濯できて清潔である

グリップ・レッグバンドはそれぞれ簡単に洗濯できます。長期間のトレーニングを楽しむ、もしくは家族複数人で共有することになっても、いつでも清潔を保つことができ、安心してトレーニング出来ます。

・ビジュアル・音楽も素敵

ゲームで出来るトレーニングにひかれてしまいますが、ゲームとして評価できるところはグラフィックなどのゲームビジュアルが美しいこと、プレイ中に聞こえてくる音楽がどれも素晴らしいこと。音楽はアップテンポな曲が多く、シンセサイザーの力強い音がトレーニングの気持ちを上げてくれます。

・トレーニングや日常の助けになる知識が身につく

ストレッチ中やトレーニング終了時の「今日のひとこと」等で、栄養学やトレーニングに関する知識を学ぶことができます。楽しくトレーニングして、楽しく学ぶことができる。このゲームを習慣づけることで、様々な学びが得られると思います。

 

余談が長くなりましたが、たくさんゲームを知れて、たくさんお話しできた素敵な会でした。開催をして頂いたトライノートの皆さま、ありがとうございました。次回のゲスト参加ゼミは、5/30に予定しているとのことです。

 


またよろしくお願いします。

プレイ日記:「デス・ストランディング」備忘録

「デス・ストランディング」をのんびり、のんびりと遊んでいる。(現在5章途中と言えばだいたいどの辺りか、わかるだろうか。)

 

元々効率を求めず、マイペースに世界を歩き回るプレイスタイル+メインミッション以外の配送依頼もすべて受注するので、必然的に業務量が多くなってしまう。プレイ時間がどんどん伸びる。でも、飽きるわけでもない。「デススト」の世界で配送することが、まるで仕事のように当たり前になってきた。

 

いつか振り返った時の助けになるように、今この時点で感じていることを記す。ゲームのネタバレ要素も多少盛り込んであるのでご覧頂く際はその旨ご了承いただきたい。

 

 

轍が残る。

「デススト」の世界ではプレイヤーが通った道程が足跡として残り、轍が作られてゆく。ネット通信をオンにしている場合は、他プレイヤーの足跡も共有できるので、必然的に多くの轍が生まれてゆく。

轍は便利だ。まだ自分が歩いたことのない土地でも、轍があればそこに吸い寄せられてゆく。誰かが通った道だから、といおう安心感がある。実際踏み均された轍はとても歩きやすい。「デススト」は目的地まで荷物を配送するゲームなので、配送で使う道が歩きやすいことは、とてもありがたい。

 

轍を見ると、二つの気持ちが思い浮かぶ。

一つは、轍をもっと広げたくなる気持ち。幾つかある轍から、自分が進む方向と同じ轍があると、「この便利な轍をもっと便利にしたいので、何度も往復して踏みしめよう」という気持ちになる。轍を通して、この世界とは別のサム・ブリッジスと繋がっている、そんな安心感を轍からもらうことができる。

もう一つは、轍とは別のルートで歩きたくなる気持ち。みんなが歩いている道とは別の道を歩きたくなる。この世界を自分の足で切り拓いてみたくなる気持ち。地図を広げ、ルートを考え、まだ誰にも踏み均されていない大地を突き進み、轍を作ってゆく気持ち。

 

自分が歩いた道を確認することができる、誰かの通った足跡がわかる、轍を助けにすることが出来る、轍で誰かを助けることも出来る。その選択肢は自分の手の中にある。

轍を通して、こことは違う別の世界を救っている幾多の「サム・ポーター・ブリッジス」の姿が感じられることがいい。

 

建築物・配送荷物等を共有できる。

轍の話と近い。誰かが作った建築物を、自分も使うことが出来る。レンタサイクル感覚で気軽にトライクやトラックを借りることが出来るし、目的地の車庫もしくはセーフハウスに「返却」することが出来る。誰かが作ったもので助けられる自分がいるし、一方では自分が作った建築物が誰かを救っているかもしれない。それらの感謝が「いいね」で通い合ってゆく。

配送荷物も共有できる。誰かが様々なトラブルで届けることが出来なかった、もしくは託した荷物を、途中で回収してその荷物の目的地まで届けることができる。直接的にお礼を言われるわけではないが、誰かのために働くことができた、という実感が残る。

そう、この「誰かの為に働くことが出来た」という実感こそが、このゲームを遊び続けたくなる気持ちに繋がっている。これは建築物でもそうだ。ゲーム中では建築物に劣化率や建築物レベルが設定されており、資材を投入することで、修繕したり建築物をバージョンアップすることができる。これは他者と共有する建築物等にも適応される。特にゲーム内の国道を修繕するのはこのゲームの一大イベントだと思う。ブリッジス全員で国道を繋ぎ、荒野に伸びた一本の国道を眺めるのは最高だ。

アメリカを救うというメインミッションとはまた違った動機で、また荷物を運び、建築物を直す資材を運ぶ。保守点検だけでその日のゲームプレイが終わる日もある。でもそれがいい。誰かの助けとなるたしかな仕事が出来ることは、こんなにもあたたかくて気持ちいい。

 

ジップラインが楽しすぎる。

定点と定点を結んでその間を高速で移動することができるジップライン。これまでは地形や国道の有無によって大まかに作られてきた移動ルートを往復してきたが。ここにきて自由なルート作成をする力が与えられた。山を飛び谷を越え、僕らの町にやって来た。サム・ブリッジスがやってきた。地形の高低差やジャンプの範囲には制限されるが、それらを考えながらビーコンを刺してゆき、ジップラインを繋げてゆくことは、さらにいっそう街と街を繋げている実感が強い。マップを開き、点と点を線で結び、自分の足で現地まで行き建築してゆく。新しいインフラを整備してゆく感覚が気持ちいい。

 

今年もきたぞ!「グラコロ」「ビーフデミチーズグラコロ」 vs だらけ

だらけです。

やってまいりました、この季節。そう12/4はマクドナルドの冬季限定メニュー「グラコロ」の解禁日です。普段マックにあまり行かないけれども、グラコロの時だけは特別!と楽しみにしている人もいると聞きます。そのグラコロがなんと朝マックから楽しめるという事を聞きつけたので急いで食べてきました。

 

今年のグラコロは、より濃厚になった「グラコロ」ともっと贅沢になった「ビーフデミチーズグラコロ」の2種類!それぞれの魅力があってどちらにしようか迷ってしまう…ということで

f:id:mtdrk:20191204102856j:image

両方買って食べ比べしてみました。

f:id:mtdrk:20191204102916j:image

まずはグラコロ

f:id:mtdrk:20191204102934j:image

ナイフで切ると溢れんばかりのグラタンクリーム!これを待っていたんだ俺は!ええい、たまらん!行くぞ!ちなみに朝マックなのでバンズはマフィンです。

 

グラコロの美味しさはとろけるクリームコロッケとシャキシャキのレタスの奏でるハーモニーだと思います。コロッケの衣とレタスの歯応え、噛んだ後に口の中に広がるクリーム。小さいながらエビもしっかりいて、味に彩りを加えてくれます。クリームはたしかに濃い目。粘り気もあるのでグラタンクリームの味がしっかり口の中で楽しめます。美味い。ぜひ食べて欲しい。

 

f:id:mtdrk:20191204103619j:image

そして勿論、次はこちらぁ!ビーフデミチーズグラコロォ!!(包み紙の撮影は忘れた)

見ろォ!このはみ出るチーズ!香るデミグラスソース!こいつは中々凶悪いでたちをしてやがる!挟まれたコロッケがこちらを挑戦的に見てきやがるぜ!「さぁ食って見ろよ」と言わんばかりになぁ!

 

ここで引いたら漢がァ廃る!正々堂々、正面突破だオラァ!!!

 

……なにッ!これは、この歯応えは、やはりレタスか!そして衣か!その相性なら知ってるぜ!経験済みだ!これくらいでこの俺を唸らせようなんて、まだまだ甘いナァ!!

 

……グハッ!!

 

な、なんだこの贅沢な味は!!グラタンクリームか!?いや、それなら知っている、そしてクリームとレタスにかかるソースの相性の良さなら十分堪能してきたはず!なのに、なんだこれは…

 

…そうか!デミグラスソースか!濃厚なグラタンクリームに絡み合い甘さとコクが口の中に広がることで、これほど強い美味さを生み出している、そうか…いやそれだけか?

 

!!!

そうか、コロッケの上に載ったチーズの仕業か!それ単体でも濃厚で楽しめるグラタンクリームに、さらにチーズを乗せることでより味を強くする!さらにこのチーズはデミグラスソースとの相性が実にいい!!噛めば噛むほど口のなかで混ざり合い、それぞれが手を組み連続技を繰り出してくる!!終わりのない旨味!!かぶりついたら最後、食べ終わるその瞬間までずっとこの連携攻撃は終わらないィィィィ!!!

 

ごちそうさまでした、美味しかった… 去年に比べるとフワフワ感よりも濃厚な味にこだわった印象です。クリームも溢れにくくなって食べやすくなりました。

冬の風物詩、今年もぜひ食べてみませんか?それではこの辺で。

 

追記:だらけは朝マックで食べたので、今日のお昼ごはんは抜きです。

雑記:「リングフィットアドベンチャー」で全身DJプレイがやってみたい

だらけです。

タイトルだけだとわけがわからないので、一つずつほどいて説明してゆきます。

「リングフィットアドベンチャー」(以下RFA)というニンテンドースイッチのゲームソフトが出来ます。同梱のリングコンを用いてゲームをしながら楽しく身体を動かすことが出来る、人気で話題のフィットネスソフトです。

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

 

 私も日々楽しく遊んでいるのですが、楽しくフィットネスが出来ることもさることながら、ゲーム中の音楽が素晴らしいことに気付きました。そのことについて以前記事も書きました。

mtdrk.hatenablog.jp

ノリの良い曲が素敵なのは勿論のことながら、それぞれのフィットネスメニューに合わせて手拍子が入ったり、リングが応援の合いの手を入れてくれたりするので、とても気持ちよくトレーニングが出来ています。音楽に合わせて身体を動かしてしかも褒められるのはとても気持ちいいのです。

そうやって遊んでいるうちに、記事のタイトルが思いつきました。

私はDJプレイをやったことがないド素人オブド素人ですが、このゲームの音楽は実にDJプレイと相性がいいのでは、と思いついた次第です。なぜそのようなことを思いついてしまったのか。一つずつ説明させてください。

  1. フィットネスをする時のそうでない時のメリハリがはっきりしている
  2. 合いの手や手拍子がトラックとして使いやすい
  3. フロアで踊れる

①フィットネスをする時のそうでない時のメリハリがはっきりしている

RFAは味方のターンと敵のターンがハッキリ分かれている、コマンド型ターン制バトルを採用しています。非常にオーソドックスなスタイルですが、唯一違うのはコマンド入力の代わりに自分の身体でフィットネスを行う点です。

攻撃ターンの際には、バトルコマンドを選んだ時にリングが技名を\スクワット!/と叫んで攻撃準備に入り、適切な姿勢をとった後の、3,2,1,Go!の掛け声でトレーニングに入ります。フィットネススキルを繰り出した後は、敵のターンに変わります。大抵は敵からの攻撃が来るので、\腹筋ガード!/の掛け声と共に防御姿勢をとることになります。

DJプレイでフロアを盛り上げる術には、色んなものがあると思いますが、RFAのバトル曲でゲーム内のバトルを再現するプレイをすると、「次は攻撃ターンになるのがわかる!」という楽しみと、「次はどのフィットスキルが来るんだろう?」という両方の楽しみが共存した状態になるのではと思います。 RFAはフィットネススキルの種類によって、アップテンポになったり、スローになったりするなど様々な変化があるので、曲の変化もつけやすいのではないでしょうか。

 

②合いの手や手拍子がトラックとして使いやすい

先述してますが、RFAでは相棒のリングがバトル中に様々な合いの手を入れてくれます。\いいね!/\すごい!/\輝いてるよ!/\いい調子!/などなど枚挙に暇がありません。 フィットスキルも40種類あり、それぞれの技名もリングが叫んでくれます。ニートゥチェスト!/\モモアゲアゲ!/\リングアロー!/などなどです。さらにはフィットネススキルで敵を攻撃した際に、攻撃エフェクトが貯まってゆく音、攻撃が相手にヒットした音(しかも Best Good スカ の3種類用意されている)もあります。曲を流している間に、これらをトラックとして組み込んでおけば盛り上がるのでは、と考えました。しかもリングの合いの手はポジティブなものが多いので、聴いていて気持ちいいと思います。

 

③フロアで踊れる

DJプレイはその曲やトラックの使い方も大事だと思いますが、何よりフロアを沸かせることが大きな魅力の一つだと思います。そういった意味ではRFAは身体を動かすプレイには最適だと思います。ここでは踊ると書きましたが、正しくは「フロアのみんなでトレーニングして踊る」です。

私は提案します。RFAの曲に合わせてフロアでみんなでトレーニングしようじゃありませんか。トレーニング、みんなでやれば怖くない。

DJは二人いるといいでしょう。一人は演奏に専念する方、そしてもう一人は壇上でフィットネススキルをお手本として行う人。すなわちミブリさんです。

DJがバトル曲を流しながら、フロアの人と一緒に手拍子をします。身体が温まってきたところでリングの声が聞こえてきます。\スキルを選んで!/フロアの様子を見ながらフィットスキルをその場で決めるのもいいでしょう、ミブリさん役の人がリードするのもいいでしょう。フィットスキルを決めたらトレーニングのはじまりです。\スクワット!/ミブリさん役が準備姿勢をとり、フロアが全員準備できたところで3,2,1,Go!の掛け声と共にトレーニングを開始します。キツい人は途中で手拍子係になってもいいでしょう。一緒に身体を動かして、笑顔でトレーニングが出来る。アドリブにも強い。何より手拍子ありのノリやすいポイントがはっきりしている。ワクワクしてきませんか。

 

想像が膨らむばかりにRFADJプレイ。いつかやってみたいものです。